敷金返還請求・敷金の取り戻し

敷金の手続きについては、ただいま当事務所では新規のご相談を受け付けておりませんので、ご了承ください。

 

  

★敷金の相談は、退去した部屋の状況・居住年数などの詳細な情報をいただかないとアドバイスできないため、お電話でのご相談は受け付けておりません。

 

アパート・マンションなどの敷金返還請求トラブルで困っている方は、お早めに、ご相談ください。

屋を汚したわけではないのに、退去時に多額の敷金を差し引かれてしまい、

納得いかない方は、司法書士に敷金返金を依頼することを検討されては、いかがでしょうか?

何年も住んでいたので、高額の修繕費を請求されてしまった方

入居時、契約書にサインしているので、請求書どおりに支払わいといけないのか悩んでいる方

退去したら、高額のクロス費用やリフォーム代などを請求されてしまい、敷金が全く 戻ってこなかった方

敷金が全く戻ってこないどころか不足額を追加請求されて困っている方

行政書士に相談したが、結局、自分自身で交渉や訴訟してみなさいと言われてしまった方

遠方の事務所に依頼したが、裁判を自分でやらなければならなくなり、対応に苦慮している方

 

賃借人が、故意または不注意あるいは通常でない使用方法等により賃借している物件に損傷・汚損等を生じさせてしまった場合は、家主はその損害額を敷金から差し引いた残額を賃借人に返還すれば良いとされています。

 

■そもそも、敷金とは、賃借人が賃料を滞納したり、賃借人が不注意によって賃借している物件に損傷・破損を与えた場合等の損害を担保するために、賃借人から家主に預けるものです。

■当事務所の実績において、家主等に書類を送っただけで、敷金がすんなり返金されたことは、ごくまれであり、交渉して返金させています。

交渉できるのは、司法書士・弁護士だけです。

行政書士は、書類作成はできますが、交渉はできません。

敷金○○士・内装業者などは敷金返還の依頼を本来一切受けられません。

中には、司法書士・弁護士以外に依頼したら、依頼後に、結局ご自分で対応できず、当事務所にご相談された方もいます。

ご依頼を希望されている方は、敷金専用のお問い合わせフォームから、お部屋の使用状況などをお知らせください。

■交渉については司法書士にお任せください。   


 

お問合せはこちらのフォームを

ご利用ください。

部屋の状況・居住年数などの詳細な情報をいただきませんとアドバイスできないため、お電話でのご相談は受け付けておりません。

 

■ご相談やご依頼時においての注意点と補足

ペットを飼育していた場合は、お受けしておりません。
最初から、ご依頼されるつもりがない方は、無料アドバイスは行っておりませんので、ご了承ください。
ご相談された結果、家主から請求されている金額を減額できないと、司法書士が判断した方につきましては、ご依頼されなくても、ご相談は無料です。

交渉による解決を基本としております。

なぜなら、敷金の場合には、金額的に見て、裁判費用をかけてまで裁判することが必ずしもご依頼者にとって利益とならないことが多いからです。

そこで、交渉については、なるべくご依頼者の利益になるように考えながらも、相手によっては柔軟な対応をとって、金額を合意しています。

ご依頼いただいた方の成功率(家主から請求されている金額を減額できた率)は、9割以上です。

もしも裁判を希望される場合は、首都圏の簡易裁判所については、当事務所の司法書士が代理人として出廷することが可能です。

   

(ご依頼いただいた方からの声をご紹介します)  

私は8年近く住んだマンションを引っ越した後、大家さんに敷金を催促したところ、ふつうに住んでいたにもかかわらず、大家さんがなかなか敷金を返金してくれませんでした。

インターネットで敷金返還について調べたところ、内容証明という方法があることを知り、内容証明作成サイトに依頼して内容証明の文章を有料で作成してもらい、大家さんに発送しました。 

ところが、その後、大家さんからは何の連絡もありませんでしたので電話してみたところ、大家さんは内容証明を送られたことに怒っており、話し合いができるような雰囲気ではありませんでした。

内容証明を無視されてしまったため、私は、もう裁判しかないと思い、今度は司法書士に裁判を依頼しようと思い、秀都司法書士事務所さんに依頼したところ、大家さんと交渉してくれた結果、裁判しないで、かなりの金額の敷金が戻ってきたのです。  

やはり、専門家が交渉すると、大家さんの対応が全く違うものだなと、実感しました。今回は本当にありがとうございました。 

  (東京都在住、N様)

 

当事務所の司法書士費用(報酬)について

個人で居住用物件を借りていた方については、着手金30,000円をいただいております。

(注)着手金は、交渉の成功・不成功にかかわらず返金致しかねますのでご了承ください。

注)法人名義または事業用で借りていた場合は、着手金50,000円をいただいております。  

成功報酬(後払い)は、当事務所にご依頼いただいた後、賃借人の負担額を減額することに成功した場合にいただいております。

成功報酬(後払い)は、減額できた賃借人の負担額の20%+3万です。(税別) 

※ 別途、郵送費をいただきます。(後払い)

※ もしも裁判する場合は、別途、交通費・ 裁判実費・裁判報酬が発生いたします。      

 

次に、当事務所へのご相談・ご依頼の流れについて、ご説明します。

 

当ホームページのお問い合わせフォームから、お問い合わせください。 

 

次のものをご用意してください。  

@賃貸借契約書    A重要事項説明書   B業者からの請求書など  

 

必要に応じて、上記2の資料のコピーを、当事務所にFAXまたは郵送していただき、当事務所で内容を検討いたします。 

また、ご相談者から事情をお聞きいたします。  

 

ご相談者の負担額を減らせると予想される場合は、ご依頼をお受けします。

ご依頼の際に、次のものをご用意いただいております。 

@身分証明書(運転免許証・健康保険証) 

A印鑑 

B着手金

    

 

司法書士が家主等に対して、借主負担の減額・敷金返還を請求します。    

具体的な請求方法は司法書士にお任せください。 

ご依頼者は、家主や業者と会ったり、電話で話したり する必要はありません。 

(ただし、いくら以上返金されない場合は裁判してでも取り返したい、というご希望がある場合は、お問い合わせの際に、その旨を明確に伝えてください。)  

 

司法書士が家主等と交渉し、借主負担の減額・敷金返還について、金額を合意します。

 

家主から敷金が返還されます。

 8 

司法書士の成功報酬を精算いたします。

 

■次のことにご注意ください。

部屋を退去する前に、キッチン・フロ・洗面台・トイレ・エアコン・ベランダなど、 お部屋全体を掃 除してください。掃除しないと、クリーニング代を請求されてしまいます。 

退去時の立会の際に、業者等から、修繕費の関係書類などに署名や押印を求められても、納得いかない場合は断ってください。


 

 ■最近よくある相談事例のご紹介

(ケース1)

Aさんは、6年間住んだマンションを退去したところ、敷金18万円が全く戻ってこないどころか、6万円を追加請求されてしまい、悩んだ結果、当事務所に相談されました。 家主は、クロスや畳を新しいものに交換するという理由、および、鍵の交換費用、ハウスクリーニング費用を請求してきていたのです。しかし、Aさんにお聞きした内容によると、クロスや畳についてはシミをつけたり破ったりしたことはないということでした。また、鍵については家主に返却ずみであり、明け渡しの際に部屋はきれいだったということでした。     

当事務所は、すぐに、Aさんから依頼を受け、家主に対し敷金全額の返金を請求しました。 その後、当事務所が家主側と交渉したところ、家主側は、契約書の内容を根拠に借主負担を主張してきましたが、当事務所で原状回復費用の負担に関する考え方を主張したところ、敷金は全額返金されました。 

このように、原状回復費用の負担に関する考え方を理解していない家主により、不当な請求をされてしまう事は少なくありません。 悩んだ際は、お気軽にご相談ください。  

 

(ケース2)

Bさんは、1年間住んだマンションを退去したところ、敷金22万円から14万円が引かれてしまい、8万円しか戻ってきませんでした。 しかし、Bさんに心当りがあるのは、フローリングに1カ所キズを付けてしまったことだけでした。 にもかかわらず、家主はBさんに対し、フローリングの全面張替費用を負担するように求めていたのです。 当事務所が、Bさんから依頼を受け、家主に対し、敷金の返金を請求しました。 そして、当事務所が、Bさんが負担すべきなのは、フローリング1カ所の費用のみであるという見解を伝え、交渉を続けたところ、約12万円が返金されました。

このように、借主に少しでも落度があると、それに乗じて多額の負担を要求されることがありますので、ご注意ください。

 

部屋の状況・居住年数などの詳細な情報をいただきませんとアドバイスできないため、お電話でのご相談は受け付けておりません。

 

東京都江戸川区西小岩4−1−19マエノビル3階

→駅からのルートは、こちら

(小岩駅北口 徒歩3分)   

秀都司法書士事務所

顔写真 .jpg

・司法書士 小林 秀俊