子どもいない遺言|江戸川区

夫婦間に子どもがいない場合など

・「子どもがいないので、妻に財産を相続させたい。」

・「夫婦でお互いに遺言を書いておいた方がいいのか相談したい。」

■子どもがいない夫婦の場合、たとえば、夫が亡くなったら、相続人は誰になるのでしょうか?その場合の相続人は、妻と夫の両親です。

■つまり、夫名義の家に住んでいる妻は、夫の死後、義理の両親と、夫の遺産をめぐり、遺産分割協議を行う必要があります。


この場合の問題点

■もしも、夫の親が裁判所の相続放棄したらどうなるでしょうか?

■その場合は、夫の兄弟姉妹が相続人となり、ケースによっては遺産トラブルになります。

■このように、子どもがいない夫婦の場合は、生前に、遺産相続について、準備しておく必要があります。


夫の遺言がある場合は

■夫が、生前に、遺言を書いておき、妻に対して、自宅の土地と家や預貯金を相続させると書いておけば、どうなるでしょうか?

■この場合、義理の親は、遺留分がありますので、義理の娘であるお嫁さんに対して、遺留分減殺請求する権利があります。

■もっとも、あくまで権利ですので、権利行使しないこともあり得ます。

■夫の遺言がある場合に、夫の両親が相続放棄の手続きを行うと、夫の兄弟姉妹が相続人となりますが、これらの相続人は遺留分を持ちませんので、遺留分請求されることはありません。


遺言をおすすめします。

■このように、子どもがいない場合は、遺言を作っておくとよいでしょう。

遺言は認知症になると書けなくなりますので、早めに手続きすることをお勧めします。

公正証書遺言を作成しておくと、その有効性の確保および相続発生時の手続きの面で、安心できます。

司法書士が遺言作成において、登記簿取り寄せ、戸籍謄本取得などの面からもサポートいたします。

遺言書に遺産の記載漏れがあると、記載がない遺産について、後で争いの原因になりますので、全ての財産の明細を書いて確認しましょう。

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

■江戸川区、葛飾区、市川市、以外の遺言にも対応します。


 

遺言作成のご相談は、こちら

トップページは、こちら

 

▼▼秀都司法書士事務所へのご相談▼

(電話)03−6458−9570

(受付時間)9:00〜17:30

ご相談は、ご予約制です。

(メール)hidetoshi-@ceres.ocn.ne.jp

東京都江戸川区西小岩4丁目1−19マエノビル3階

小岩駅北口から3分

 

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

・司法書士 小林秀俊

・平成2年司法書士試験合格

司法書士経験 28年間