名義変更・相続登記‐江戸川区の不動産の名義変更・相続は秀都司法書士事務所

 

顔写真 .jpg

名義変更・相続の登記(不動産の名義変更)は、江戸川区の秀都司法書士事務所に相談ください。

 

名義変更の手続、土地・家・マンションの相続の登記手続に対応してくれる江戸川区の司法書士をおさがしなら秀都司法書士事務所へお問い合わせください。

親の相続で不動産を相続した人が名義変更したいというご依頼が最も多いようです。

その他の相続登記もご相談ください。

 


相続した不動産の名義変更の手続きのご相談


・「相続した不動産の名義変更を手続きしたいけれど、どこに相談すればいい?」


・「不動産の相続の手続きは難しそうなので司法書士に依頼したい。」


一生のうちにあまり経験することがないので、相続不動産の名義変更・相続の登記は、分かりにくい手続きですね。


ですが、不動産は大切な財産ですから、きちんと名義を変更して、相続人間の権利関係を明確にしておきたいものですね。


それでは、次に、不動産の名義変更・相続の登記の手続について、分かり易く、ご説明しましょう。


目次

不動産の名義変更・相続の登記とは

相続人の調査には戸籍謄本が必要

不動産の名義変更・相続の登記の必要書類の取り寄せ

全国の不動産の名義変更・相続の登記に対応

不動産の名義変更・相続の登記と被相続人の住所変更



不動産の名義変更・相続の登記とは

■不動産の名義変更・相続の登記とは、被相続人(亡くなられた方、例えば祖父母や親、夫や妻など)が不動産を所有していた場合に、法務局へ相続名義変更に必要な書類を提出して、相続人(不動産を相続する方)の名義に変更する手続きのことをいいます。


不動産の名義変更は、名義変更、名義書換、所有権移転登記ともいいます。



■法務局へ提出する不動産の名義変更・相続の登記は、登記申請書に登記の目的などを記載いたします。


そして、登記の完了後に法務局が発行する権利書(権利証)にも登記の目的が記載されます。


・相続した不動産が単独所有の場合は、登記の目的は「所有権移転」となります。


・相続した不動産が共有(共同名義)の場合は、登記の目的は被相続人の「持分全部移転」となります。


 

■秀都司法書士事務所は江戸川区の不動産の名義変更・相続に対応します。

 

■不動産名義変更の必要書類は、こちら →

 

 

相続人の調査には戸籍謄本が必要

■不動産の名義変更・相続の登記で、まず重要なことは、相続人を明確に特定することです。

相続人が一人だと思っていたが実際はもう一人いたということもありますから、相続人の調査は重要です。


■相続関係を証明するために、亡くなった被相続人の出生時からお亡くなりになるまでの戸籍謄本や除籍謄本、すべての相続人の戸籍謄本などが必要書類となります。


法務局や金融機関の手続きにおいても、誰が相続人であるのかを証明しなければなりませんので、これらの戸籍書類は、法定相続人を確定するためにとても重要となります。



■秀都司法書士事務所は江戸川区の不動産の名義変更・相続に対応します。


 

不動産の名義変更・相続の登記の必要書類の取り寄せ

■不動産の名義変更・相続の登記に必要な書類の取得は、時間と手間のかかるなかなか大変な作業です。

戸籍謄本を取る際は、今の住所地に本籍があるとは限りませんので、本籍地を確認する必要があります。

固定資産評価証明書は、住所ではなく、土地の地番が分からないと、取れません。

 

■当事務所は多くのご依頼者さまから不動産の名義変更・相続の登記に必要な書類の取得のご依頼をいただき、代理で取得しております。

 

もちろん、ご依頼者さまがご自分で取得される場合でも、必要書類をご説明させていただいております。

 

■とくに江戸川区役所での相続・戸籍調査は当事務所で多数の実績があります。

 

お時間がない方は、おまかせコースをご依頼ください。

そうすれば、当事務所が、戸籍謄本の取り寄せ、固定資産評価証明書の取り寄せ、法務局の登記事項証明書の取り寄せ業務、土地、家屋、マンションの名義変更・相続の登記の申請手続を代行いたします。



秀都司法書士事務所は江戸川区の不動産の名義変更・相続に対応します。

 


 

全国の不動産の名義変更・相続の登記に対応

■当事務所は、全国の土地・家屋の不動産の名義変更・相続の登記のご依頼を受けております。

そして、不動産の所在地を管轄している法務局に名義変更の手続きをいたします。


当事務所は、全国(北海道から九州まで)どこの不動産でも、不動産の名義変更・相続の登記の手続きを代理していますから、ご相談ください。


■相続した不動産(実家の土地・家屋)が遠方にある場合でも、当事務所に不動産の名義変更・相続の登記の手続きをご相談いただけます。

 

相続した不動産が遠方の場合でも、郵送により不動産の名義変更の手続きが可能です。

 

■遺産分割協議書の作成に関しても、江戸川区の不動産についての遺産分割協議書の作成に限りません。

どこの不動産の遺産分割協議書でも作成いたします。

 

また、金融機関の預金相続の遺産分割協議書の作成についてもご相談いただけます。



 

■司法書士は、本人確認と意思確認を必ず行ってから、不動産の名義変更・相続の登記を代理することになっています。

相続人であるご本人さまにお会いしてから、不動産の名義変更・相続の登記の手続きを行っています。

 

■当事務所は駅近のご相談しやすい立地にあります。

・遺産相続・不動産登記簿の名義書き換え代行の手続きは、お気軽にご相談ください。

 

秀都司法書士事務所は江戸川区の不動産の名義変更・相続に対応します。

 

 

 

不動産の名義変更・相続の登記と被相続人の住所変更

■不動産の登記簿に登記されている所有者の住所に変更があった場合は、原則的に住所を旧住所から新住所へと変更する登記が必要です。

変更経過がわかる住民票等により変更登記を行います。


■もしも区役所から住民票が発行されない場合は、他の方法により登記することが可能です。

 

■それでは、相続が発生した場合に、権利書や登記簿謄本を調査したところ、被相続人の住所の変更がある場合はどうでしょうか?

 

■この場合は、住所移転しているが同一人物であることが判明する戸籍の附票等を添付すれば、不動産の名義変更・相続の登記の手続きができます。

 

■司法書士が権利書をいったんお預かりしてから、別途書類を作成して不動産の名義変更・相続の登記を代理申請いたします。

亡くなった人名義の権利書は不動産の名義変更・相続の登記が完了したら、相続人の方へお返し致します。


もしも共有不動産の持分の相続による名義変更だった場合は、不動産の名義変更・相続の登記により出来た権利書のほかに、被相続人以外の共有者の権利書が引き続き有効な権利書となりますから注意して保管してください。



秀都司法書士事務所は江戸川区の不動産の名義変更・相続に対応します。 

 

 

 

→不動産の名義変更・相続の登記の必要書類は、こちら 

→遺産分割協議書の作成は、こちら

 

 

▼秀都司法書士事務所へのご相談▼

(電話)03−6458−9570

(受付時間)9:00〜18:00

ご相談は、ご予約制です。

土曜日・日曜日のご相談もできる限り対応していますので

お問合わせください。

(メール)hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

(住所)東京都江戸川区西小岩4丁目1−19マエノビル3階

小岩駅北口3分

 

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

・司法書士 小林秀俊

・平成2年司法書士試験合格

・司法書士経験 28年間