相続登記・不動産名義変更の手数料・費用(料金)

相続による不動産名義変更の手続きに必要な「費用」は、の合計額です。

戸籍謄本、固定資産の評価証明書などを取得するために役所に支払う手数料

交通費、郵送費

法務局に納税する登録免許税(固定資産評価額の0.4%)

司法書士の代行手数料(報酬という言い方もします。)

 

 

■戸籍謄本などを取得するとき、区役所・市役所などに納付する手数料は、次のとおりです。

@戸籍謄本の役所手数料は、1通450円

A改製原戸籍謄本、除籍謄本の役所手数料は、1通750円

B土地・家屋の評価証明書の役所手数料は、1通400円

(評価証明書とは、役所が固定資産税を計算するために利用している不動産価格を証明する書面です。) 

C小為替の手数料は、1通100円

 

・交通費、郵送費などの実費

 

@法務局に不動産名義変更の書類を提出するとき、納付しなければならない登録免許税(国税)。

・登録免許税は不動産の評価証明書の価格に税率0.4%をかけて計算します。

・ただし評価証明書と登記事項に差異がある場合は少し異なります。

 

A法務局で不動産の登記事項証明書を取得するとき、法務局に納付する手数料は、1通600円です。

 

・司法書士の手数料・報酬は、事務所により異なります。
(下記をご覧ください。)

 

 

当司法書士事務所の代行手数料(報酬)料金について

1.登記申請書の作成コース

2.手続き代行コース

3.おまかせコース

4.当事務所の費用の

5.ポイントは司法書士手数料の定額制

 


1.登記申請書の作成コース

できるだけ司法書士手数料を安くしたい方へお勧めしたいのは「登記申請書の作成コース」です。 

 

「登記申請書の作成コース」手数料・・・28,000円〜(税別) 

 

戸籍謄本は全てそろったけれど、登記申請書の作成が難しくて出来ないという方に、お勧めしたい手数料が安いコースです。 

 

登記申請書の作成コース 

相続人・依頼者様 

司法書士の手数料 

28,000円〜 

・戸籍謄本の取得 

 

 

・遺産分割協議書 

 

 

・相続関係説明図の作成 

(名義変更の家系図) 

 

 

・登記申請書の作成 

 

 

・法務局の相続登記手続き 

 

 

 

 

@亡くなった人が1名の場合は、司法書士報酬は28,000円です。 

(例)たとえば、父名義の不動産名義変更だけなら28,000円 

A亡くなった人が2名の場合は、司法書士報酬は48,000円です。 

(例)たとえば、父名義と母名義の両方の不動産名義変更なら48,000円 

 

 

2.手続き代行コース

司法書士手数料を低額に抑えたい方へお勧めしたいのは「手続き代行コース」です。 

 

「手続き代行コース」手数料・・・58,000円(税別) 

 

登記申請書の作成コース 

相続人・依頼者様 

司法書士の手数料 

58,000円 

・戸籍謄本の取得 

 

 

・遺産分割協議書 

 

 

・相続関係説明図の作成 

(名義変更の家系図) 

 

 

・登記申請書の作成 

 

 

・法務局の相続登記手続き 

 

 

 

・相続関係説明図(法務局名義変更用の家系図)の作成 も含んで、この金額です。

・複雑な相続の場合は、追加費用が発生いたします。

下記(3)複雑な相続の場合をご覧ください。 


 


3.おまかせコース

当事務所は、費用がお得な「おまかせコース」もご用意しております。 

当事務所へのご依頼が最も多いのが、このコースです。 

 

「おまかせコース」手数料・・・78,000円(税別) 

 

登記申請書の作成コース 

相続人・依頼者様 

司法書士の手数料 

78,000円 

・亡くなった方(1名様) 

出生からの戸籍謄本の取得 

 

 

・遺産分割協議書 

 

 

・相続関係説明図の作成 

(名義変更の家系図) 

 

 

・登記申請書の作成 

 

 

・法務局の相続登記手続き 

 

 

 

 

 「おまかせコース」に含まれるもの

・被相続人(お亡くなりになった方が1名の相続の場合)の出生からの戸籍謄本、改製原戸籍謄本、除籍謄本の取得代行

・遺産分割協議書の作成代行

・法務局で登記事項証明書の取得、調査代行

・不動産名義変更の書類作成(相続関係説明図も作成)

・法務局に不動産名義変更の書類を提出

・法務局に登録免許税を代理納税

・法務局が作成した相続人名義の権利書の受け取り

・権利書を相続人さまにご郵送して、手続き終了

 

・おまかせコースをご利用いただくと、費用がお得になります。


・複雑な相続の場合は追加費用が発生いたします。

下記(3)複雑な相続の場合をご覧ください。



※複雑な相続の場合とは、たとえば、次のような場合です。 

ご相談の際に詳しくご説明いたします。

複雑な相続の場合

@不動産が2カ所以上にある場合 

(例 東京と大阪に相続不動産がある場合) 

 

Aお亡くなりになった方が、2名以上の場合 

(例 土地の名義人が祖父で、建物の名義人が父の場合) 

(例 土地の名義人が父と母の共同名義の場合)

 

B不動産の数が5物件以上の場合、法定相続人の人数が5名以上の場合 

 

C兄弟姉妹、甥、姪が不動産を相続する場合  

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

 

 

 

4.当事務所の費用の

当事務所で不動産名義変更を代行すると、費用がいくらかかるのでしょうか?  

役所の固定資産評価額が2,000万円とされている中古マンションを所有していたご主人が亡くなり、妻と長男で話し合いを行い、妻名義に不動産名義変更する場合は下記のようになります。 

 

@当事務所で、「手続き代行コース」行った場合  

 

役所手数料・登録免許税 

司法書士の手数料 

手続き代行コース

80,000

58,000円 (税別)

登記前調査 

600

無料 

登記後の法務局証明書 

600

無料 

消費税 

 

4,640円

合計 

143,840円

 

A当事務所で、「おまかせコース」で手続きを代行した場合  

 

役所手数料・登録免許税 

司法書士の手数料 

おまかせコース 

80,000円 

78,000円(税別)

登記前調査 

600円

無料 

登記後の法務局証明書 

600

無料 

消費税 

 

6,240円

合計 

165,440

 

 

5.ポイントは司法書士手数料の定額制

 

・おまかせコース、らくらくパック等の料金体系をとっている司法書士事務所は、コース料金、パック料金を採用していない事務所に比べると、総額の手数料が安くなり、お得になります。 

 

・そこで、司法書士に不動産の名義変更を依頼する場合の「おまかせコース」、「らくらくパック」等の手数料を調べようとして、インターネットで検索すると、たしかに、おまかせコース、らくらくパック等の名称で、かなり安い金額の司法書士手数料を掲載している事務所があります。 

 

ですが、よく見ると、注意書きが付いています。 

 

・たとえば、相続人が1人の場合と、相続人が10人の場合では、どこの事務所でも、相続人が10人の場合の方が、手数料が高くなります。 

 

また、相続不動産が1個の場合と、10個の場合でも、手数料が違うのは当然でしょう。 

 

ですが、たとえば、「相続財産の金額が1000万円以下の場合に限ります。」などの注意書きは、一般の人には分かりにくいものです。 

 

・ところで、相続による不動産名義変更(相続登記)を司法書士に依頼すると、普通は2回くらいは、その司法書士事務所に行って、書類の説明を受けることになります。 

 

なかには、3回くらい司法書士事務所に行くこともあるでしょう。 

作成された新しい権利書・登記識別情報通知について司法書士から説明を受けたいというご希望の人もいるかもしれません。

 

大切な土地・家屋の名義変更の手続きですから、郵送だけで依頼する人は、普通は、いないでしょう。 

 

ですから、相談・依頼に行きやすい事務所の中から、コース手数料を明記している事務所、コース手数料が安い事務所を探すことを、お勧めいたします。 

 

そうすれば、費用の安さと手続きの進め易さを総合的に考えると、ご依頼者に最良な結果となるでしょう。 

 


→相続による不動産の名義変更の必要書類は、こちら

→トップページは、こちら

 

▼秀都司法書士事務所へのご相談▼

(電話)03−6458−9570

(受付)9:00〜18:00

ご相談は、ご予約制です。 

土曜日・日曜日のご相談もできる限り対応していますので

お問合わせください。

(メール)hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

 (住所)東京都江戸川区西小岩4丁目1−19マエノビル3階

小岩駅北口から3分

 

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

・司法書士 小林秀俊

・平成2年司法書士試験合格

司法書士経験 28年間

(3)複雑な相続の場合とは、たとえば、次のような場合です。 

ご相談の際に詳しくご説明いたします。 

 

@不動産が2カ所以上にある場合 

(例 東京と大阪に相続不動産がある場合) 

 

Aお亡くなりになった方が2名以上いる場合 

(例 不動産を持っていた父が亡くなり、名義変更しないでいる内に、母も亡くなった場合) 

 

B不動産の数が4物件以上の場合、法定相続人の人数が4名以上の場合 

 

C兄弟姉妹が不動産を相続する場合