自筆証書遺言|江戸川・葛飾・小岩

自筆証書遺言について

いつでもどこでも、本人の自由に作成することができるのが、自筆証書遺言です。

証人の必要がありませんので、秘密にしておくことができます。

■遺言者が、遺言の内容の全文を自書し、かつ、日付および氏名を書いて、署名の下に押印することにより作成します。

加除訂正する場合は、決められた方式を守らないと無効になります。

 

 

自筆証書遺言のメリットとデメリット

自筆証書遺言は、費用がかからないというメリットがありますが、一方、デメリットとして、書き方(書式)によっては法律的に見て不備な内容になってしまい、後に紛争となる危険性があります。

■遺言書が死後、発見されなかったり、紛失や、第三者の手による偽造、または改ざんの恐れもありますので、注意が必要です。

 

自筆証書遺言の検認の手続きについて

■自筆証書遺言は、その遺言書を発見した者が、家庭裁判所の検認の手続を受けなければなりません。

■裁判所で自筆証書遺言を開封する際は、裁判所に出向いた相続人や受遺者の前で開封します。

■この裁判所での検認手続きは、全ての相続人に立会の機会を与えたうえで裁判所で開封するため、遺言者や相続人や受遺者の戸籍謄本を集めたり、相続人目録を作成したりする必要があります。

 

遺言でお困りのときは、司法書士へご相談ください。

■慣れない方にとって、裁判所の遺言の検認・開封手続きは、とても大変な手続きになります。時間と手間がかかるため、なかなか遺言書の内容を知ることができないといった不都合が生じる可能性があります。

■戸籍謄本の取得や相続人目録の作成は、専門家である司法書士にご依頼していただくと、短期間で進めることができます。

■当事務所は、自筆証書遺言の書き方のご相談はもちろん、遺言書検認手続のご相談もお受けしております。ぜひ専門家のアドバイスを受けて遺言を作成してください。


■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

■江戸川区、葛飾区、市川市、以外の遺言にも対応します。

 

 

 

→トップページは、こちら

 

▼▼秀都司法書士事務所へのご相談▼▼

(電話)03−6458−9570

(受付)9:00〜17:30

ご相談は、ご予約制です。

(メール)hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

(住所)東京都江戸川区西小岩4丁目1−19マエノビル3階

小岩駅北口から3分

 

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

・司法書士 小林秀俊

・平成2年司法書士試験合格

・司法書士経験 28年間