不動産相続時に名義変更しなかった場合|秀都司法書士事務所

不動産相続時に名義変更しなかった場合.jpg

「相続した不動産の名義変更をしないとどうなるの?」

「相続したら名義変更の登記しないといけないの?」

相続によって不動産を取得した場合はその旨の登記が

必要です。しかし、不動産を相続したからといって必ず名義変更しないといけないわけではありません。

不動産の登記がなされなくても当面は特に不都合が無いと感じることも多く、放置されがちです。

ですが、ここでは不動産を相続した時に放置することが、なぜトラブルを招くかを見ていきましょう。

 

正しくは「相続登記」

よく不動産の名義変更と言う表現が使われますが、正しい手続き名は「相続登記」といいます。

名義変更には、所有者が結婚等で名前が変わった時にする手続きなどがあります。

そのような場合の名義変更は所有者本人であることに変わりはないですが、相続登記の場合は、不動産の所有者が変わるため「所有権の移転登記」になります。

所有者が変わるということは権利者が変わるということです。

自分一人で不動産を相続したのなら良いのですが、複数の相続人で不動産を共有している状態になると、後で不動産の権利をめぐって厄介なことになる可能性が高くなります。

そのためしっかりとその不動産の権利関係を公示できるように相続登記をしておくことがとても大切なのです。
それでは相続時に不動産の所有権移転登記(相続登記)をしないとどうなるのでしょうか。

 

相続登記をしないデメリット

不動産の相続登記をしないでいると、万が一、他に権利を主張する者、例えば「その不動産は被相続人から生前に自分が贈与を受けた」などと言う者が現れた場合に、反論が難しくなります。

複数人で不動産の共有状態である場合は、誰かが死亡すると次の相続が発生するので権利者が増えて収集がつかなくなる恐れがあります。

不動産を売却しようとする場合には登記簿で所有者がチェックされるので、所有者欄に名前の記載がないと所有権を証明できないので売却できません。

その不動産を担保にして融資を受けようとしても、同様に所有権を証明できないので融資を受けられません。

上記の内、特に発生件数が多いのがのケースです。

特にが面倒で、多くの場合、専門家に解決が依頼されることになりますが、その専門家も頭を抱えるほど権利者が複雑になるケースもあるのです。

相続人が増えれば増えるほど話がまとまらなく可能性があるからです。

不動産は大切な財産です。後でトラブルにならない為にも、相続された時にきちんと名義変更の手続きをしておくことをお勧めいたします。

 

→相続登記の詳細は、こちら

→不動産名義変更の必要書類は、こちら   

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分

 

 

 

▼▼秀都司法書士事務所のお問合わせはこちら▼▼

(電話)03−6458−9570

(受付時間)9:00〜18:00

ご相談は、ご予約制です。

土曜日・日曜日のご相談もできる限り対応していますので

お問合わせください。

(メール)hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

(住所)東京都江戸川区西小岩4丁目1−19マエノビル3階

小岩駅北口から徒歩3分

 

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

・司法書士 小林秀俊

・平成2年司法書士試験合格

司法書士経験 28年間