相続した不動産を売却する時

相続した不動産を売却する時.jpg


「田舎の実家問題」、「実家相続問題」などが、最近よく取り上げられています。

相続で子どもが親の不動産を承継する場合に、実家をどうするのか、その管理や処分の取り扱いに困るケースが多くなっているために、問題となっているのです。

実家を出て、遠方の他県などで生活の基盤を築いている子が、親の相続に伴って、実家等の不動産を承継した場合、自分は住まないので、相続した土地・家屋を、持て余してしまうのです。

そして、そこには、不動産相続に特有な次のような問題が関係してきます。

 


不動産は住まなくても税金がかかります。
相続で承継した不動産を、子どもが自分で利用しなくても、毎年、固定資産税や都市計画税などの税金がかかります。

相続で親から承継しても、これでは、不動産は、資産どころか負債になってしまいます。

また、空家にしておくと、犯罪に利用されてしまったり、放火などにより火事の発生源になってしまうこともあり得ます。

人が住まなくなった家屋は急激に老朽化しますので、管理されていない不動産は、目を付けられやすくなります。


不動産を売却という手段もあります。
相続で手に入れた不動産を、今後、子どもが利用しないのであれば、いっそ売却してしまう方が良いかもしれません。

いったん売却を決心したなら、行動は少しでも早い方がいいでしょう。

というのも、不動産のうち家屋は物理的な劣化が早いだけでなく、不動産査定上も1年で大きく資産としての評価を落としてしまい、価値がどんどん目減りするからです。

また、不動産は売りに出しても、すぐに売れるかどうかは分かりません。

不動産屋さんの営業の仕方にも影響されますが、不動産の立地条件などによっては、買ってくれる人が見つけにくい場合もあるからです。

ですので、相続が発生しそうな場合には、あらかじめ地元の不動産屋等に話しをしておいて、相続発生と同時に売りに出せるように工夫しておくとよいでしょう。

土地・家屋を売るためには、不動産広告を行い、見込み客に広告を周知させる必要があります。

そして、その不動産に興味がある客に、物件を内見させ条件交渉をするなど、一般に考えられているよりも手間と時間がかかるのです。

不動産は、相続財産のなかでも、換金性が低い遺産ですから、不動産の売却は早め早めの対応が大切です。

なお、相続した不動産を売却する場合は、相続人への不動産名義変更が必要です。

そして、相続人が不動産を売ることになるのです。

 

相続不動産の名義変更についてはこちら

 

 

■秀都司法書士事務所(江戸川区)小岩駅3分



 

▼秀都司法書士事務所へのご相談▼

(電話)03−6458−9570

(受付時間)9:00〜18:00

ご相談は、ご予約制です。

土曜日・日曜日のご相談もできる限り対応していますので

お問合わせください。

(メール)hidetoshi-k@ceres.ocn.ne.jp

(住所)東京都江戸川区西小岩4丁目1−19マエノビル3階

小岩駅北口3分

  

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

・司法書士 小林秀俊

・平成2年司法書士試験合格

・司法書士経験 28年間