アイフル 時効の援用(踏み倒し)10年放置‐東京・秀都司法書士事務所

 

秀 都 サ イ ト  写 真.jpg

 

アイフルは、法的手続きにより債権回収するので、単純に、借金の踏み倒しはできません。

 

法的手続きとは、裁判上の請求である訴訟・支払督促や、判決・支払督促の確定後の差し押え・強制執行をいいます。

 

アイフルからの通知書や、弁護士からの手紙(受任通知書)が届いたとき、5年〜10年放置している借金は、消滅時効期間が経過していて、時効の援用ができることがあります。

 

アイフルに時効の援用を通知して、消滅時効が成立すれば、借金の支払義務は消滅します。

 

法律で認められている「時効の援用」を手続きすれば、法的に、借金の支払義務が消滅するのに対し、借金から逃げ回るだけの「借金の踏み倒し」をしていても借金の支払義務はなくなりません。

 

アイフルから、裁判所に訴訟を起こされて、裁判所からの通知が届いたとき、最終返済期日から、5年〜10年放置しているなら、裁判で、時効の援用ができることがあります。


「アイフルから、5年以上放置した借金の請求書が来たとき、司法書士に、時効の援用を依頼できる?

 

自分で、アイフルに時効の援用を手続きすることもできます。

 

「時効の援用の方法が分からない。」、「時効の援用に失敗しないか不安だ。」という理由で、司法書士、弁護士に依頼して行うことも多いようです。

 

アイフルの借金を5年〜10年放置して、アイフルから手紙(借金督促状)が届いたときは、時効の援用を、秀都司法書士事務所(東京江戸川区)にご相談ください。

 

 

アイフルの借金が返済できないで悩んでいませんか?

 

「アイフルからハガキ・封筒が届いて、5年以上放置している借金を督促されました。

借金は時効になりますか?

 

「アイフルから、10年以上放置した借金の取り立ての手紙・ハガキが届いて、対応に悩んでいます。

時効の援用の手続きをすれば、借金の取り立ては止まりますか?」

 

「アイフルの5年以上前の借金は、時効の援用ができますか?」

 

「アイフルから裁判所に訴訟を起こされたとき、時効の援用ができますか?」

 

→ 借金の時効・5年〜10年放置した借金の消滅時効

 

 

 

 

アイフルの借金を5年以上放置したとき、時効の援用の相談は、秀都司法書士事務所(東京・江戸川区)


5年以上前のアイフルの借金の時効援用のご依頼の際は、司法書士事務所で面談が必要です。


司法書士は、借金の元金額が1社140万円以下なら、弁護士と同様に、アイフルの時効の援用の代理人になれます。


 


 

 

■アイフルの借金の踏み倒しはできる?

 

アイフルは法的手続き(裁判所の手続き)で取り立てするので、容易には、踏み倒しできません。

 

アイフルの督促から逃げていると、強制執行、差し押さえ(給与差し押さえ)という法的手続きをとられてしまいます。

 

ただし、アイフルの借金を5年〜10年放置しているときは、時効の援用ができれば、合法的に、借金の返済義務が消滅します。

 

アイフルに時効の援用をするための条件は、5年〜10年の消滅時効期間の経過、時効中断事由(時効更新事由)の不存在、時効の援用の意思表示です。

 

アイフルの借金を5年〜10年放置していても、債務承認等の時効更新事由があると、時効の援用ができるとは限りませんから注意しましょう。

 

たとえ、アイフルの借金を20年放置していても、時効の援用をしなければ、消滅時効は成立しません。

 

アイフルへの時効の援用の手続きは難しいので、安易に、時効の援用をしないように気を付けましょう。

 

→ 5年〜10年放置した借金の消滅時効

 

 

アイフルに借金が返せない時の対応方法

 

アイフルの借金が払えないときは、司法書士に債務整理をご相談ください。

 

司法書士に借金の債務整理を依頼すれば、アイフルの取り立てはとまります。

 

アイフルから届いた「一括返済催告状」「圧着ハガキ」「督促状」を無視すると、簡易裁判所に訴訟を起こされることもあります。

 

借金の取り立て、督促の電話を無視して出ないとか、督促ハガキを無視して放置すると、訴訟になることがあります。

 

自分で対応できないなら、請求を無視して放置しないで、司法書士に相談してください。

 

 

■アイフルの借金を返済しなくてすむ方法

 

アイフルに5年以上ずっと返済していないとき、借金の時効期間が経過していることがあります。

 

ただし5年以上払ってない場合でも、自動的に、借金が時効になるわけではありません。

 

アイフルに対して、時効の援用の手続き、内容証明郵便の送付が必要なのです。

 

5年以上前に借りたアイフルの借金が払えないで困ったら、司法書士に、時効の援用をご相談ください。

 

→ 借金の時効・5年〜10年放置した借金の消滅時効

 

 

■アイフルの時効は何年?

 

借金の種類

借金の消滅時効の年数

アイフルの借金

5年

裁判された場合は10年

アイフルのショッピング

5年

裁判された場合は10年

 

 

・借金の消滅時効の期間

 

■5年の消滅時効の時効期間の計算

裁判されたことがないとき、アイフルからの借金は、たとえば、借金の最終返済期限が2005年11月11日のときは、5年後の2010年11月11日が到来すれば、借金の消滅時効が完成します。

 

■10年の消滅時効の時効期間の計算

裁判されたことがあるとき、アイフルからの借金は、たとえば、裁判所の判決・支払督促の確定日が2005年11月11日のときは、10年後の2015年11月11日が到来すれば、借金の消滅時効が完成します。

 

借金の最終返済期限

2005年11月11日

5年後の日付

2010年11月11日

消滅時効の完成日

2010年11月11日

 

裁判所の判決確定日

2005年11月11日

10年後の日付

2015年11月11日

消滅時効の完成日

2015年11月11日

 

 

アイフルへ時効の援用ができないとき、アイフルの借金は、司法書士、弁護士に債務整理を依頼すれば、分割払いにできます。

 

それでは、アイフルの借金の債務整理、時効の援用について、説明しましょう。

 

 

 

知りたい項目をクリックしてください。

 

(1)債務整理とは

 

(2)債務整理は誰に相談すればいい?

 

(3)債務整理のメリット

 

(4)債務整理のデメリット

 

(5)アイフルの借金は債務整理できる?

 

(6)クレジットも任意整理できる?

 

(7)借金の分割払いできる回数は何回?

 

(8)借金は滞納している場合でも任意整理できる?

 

(9)借金は訴訟された場合でも任意整理できる?

 

(10)時効の援用できれば、借金は払わなくて良い。

 

(11)債務整理の費用

 

(12)債務整理(任意整理)の手続の流れ

 

(13)債務整理(任意整理)の期間

 

(14)任意整理の体験談

 

(15)債務整理の相談の流れ

 

(16)債務整理の相談に持って行くものとは?

 

(17)秀都司法書士事務所の紹介

 

 

 

知りたい項目の回答


(1)債務整理とは

 

債務整理とは、借金の返済が予定どおりに出来ない場合に、弁護士・司法書士に依頼して行う手続をいいます。

 

債務整理の方法で、よく利用されているのが任意整理です。

 

任意整理とは、司法書士などが債権者と交渉して行う手続きです。

 

任意整理は、債務者が債務整理したい業者を選んで、1社だけの手続を行うことも出来るので、よく利用されています。

 

 

(2)アイフル借金の債務整理は誰に相談すればいい?

 

弁護士のほかに、認定司法書士にも、借金の債務整理の手続を相談することができます。

 

認定司法書士とは、簡易裁判所代理権認定司法書士のことで、アイフルの債務額(元金額)が140万円以下であれば、認定司法書士が債務整理の手続を行えます。

 

 

 

(3)債務整理のメリット

 

@司法書士に債務整理(任意整理)を依頼すると、司法書士がアイフルに債務整理の手続きを開始したことを通知します。

そうすると、アイフルからの督促が止まり、自宅に督促状は届かなくなります。

それ以後は、債務整理(任意整理)の手続が完了するまでは、アイフルに返済する必要はありません。

 

 

A任意整理は、家族に秘密で出来ます。

任意整理は、自己破産などと違って、裁判所から通知が来ることはありません。

そこで、家族に知られないで手続き出来ます。

 

 

B返済が出来ない債権者だけを任意整理する事が出来ます。

そこで、給料の振込口座になっている銀行のカードローンは任意整理しないなど、依頼者の希望に沿った手続が可能です。

 

 

C高金利の利息は、引き直し計算が出来ます。

例えば、50万円の借金なら法定金利18%に計算し直すことが出来ます。

その結果、元金が減る事もあります。

 

 

D任意整理は、職場に知られないで手続き出来ます。

勤務先から借りている社内融資の任意整理さえしなければ、会社に知られる事も有りません。

 

 

 

(4)債務整理のデメリット

 

ブラックリスト(信用情報機関)に載ります。

そこで、約5年間は、新規に、カードローン等の融資を利用する事はできません。

 

 

(5)アイフルは債務整理できる?

 

アイフルは債務整理できます。

 

アイフルに支払えない時は、お気軽に司法書士にご相談ください。

 

 

 

(6)クレジットも任意整理できる?

 

@キャッシングによる借金は、任意整理できます。

 

Aクレジットカード機能を利用してショッピングした場合も、任意整理できます。

 

Bただし、借りたばかりの場合は、任意整理が出来ません。

 

 

(7)分割払いできる回数は何回?

 

@今までに借りて返済していた期間にもよりますが、一般的には、3年払い、36回の分割払いにできることが多いです。

 

Aある程度の年数、返済していた場合は、分割払いの回数を伸ばす事が出来る場合もあります。

 

 

(8)滞納している場合でも任意整理できる?

 

@アイフルを滞納している場合でも、任意整理すれば、分割払いに出来ることが多いです。

督促状が来たら、すぐに司法書士に相談してください。

 

Aアイフルから督促通知が届いた場合でも、任意整理すれば、分割払いに出来ることがありますから、相談してください。

放置していると、訴訟になってしまいます。

 

Bただし、今までの滞納状況がひどい場合は、要注意です。

 

 

(9)訴訟された場合でも任意整理できる?

 

@訴訟された場合は、裁判所に書類を提出する必要があります。

 

Aアイフルが裁判所に訴状を提出した場合は、債務者は答弁書を提出します。

東京簡易裁判所などに答弁書を提出します。

 

Bアイフルが裁判所に支払督促を提出した場合は、債務者は督促異議申立書を提出します。

東京簡易裁判所などに支払督促異議申立書を提出します。

 

C答弁書・督促異議申立書に分割払いの希望を記載して、裁判所の口頭弁論でアイフルと話し合いをして合意できれば、分割払いに出来ます。

 

 

(10)アイフルに時効の援用ができれば、借金は払わなくて良い。

 

アイフルから支払いを請求された時でも、あなたの借金は時効の援用ができるかもしれません。

 

5年間、アイフルに返済しないでいれば、時効の援用をすることができます。

 

時効の援用ができれば、借金の支払いをしなくてすみます。

 

借金の時効の援用の手続は、内容証明書で行います。

 

ただし、あなたが、「支払いをまってください。」とか「少しなら払えます。」とか言ってしまうと債務承認になり、5年たっていても、時効の援用できません。

 

また、訴訟を起こされて放置してしまった場合は、時効期間は10年に伸びてしまいます。

 

時効の援用ができるなら、すぐに、司法書士に相談してください。

 

もしも、簡易裁判所からアイフルの訴状・支払督促が来ているなら、すぐに、司法書士に依頼して、簡易裁判所の手続で、時効の援用をしましょう。

 

 

(11)債務整理の費用

 

@司法書士・弁護士報酬は、着手金、和解成功報酬、債務減額成功報酬などに分かれます。

 

Aたとえば、あなたが、元金50万円の借金を滞納して、債権者から督促されて、元金・利息・遅延損害金を含めて合計で100万円の請求を受けているとします。

 

その状態で、司法書士・弁護士に依頼して、総額80万円を分割返済することで、債権者との和解が成功した(合意が成立した)場合を考えてみましょう。

 

司法書士や弁護士の事務所により、費用は異なりますが、次のサンプル事例を見ていただくと、おおよその金額がお分かりになることでしょう。

 

 

着手金

和解成功報酬

債務減額成功報酬

A事務所

2万円

2万円

2万円

B事務所

3万円

なし

2万円

C事務所

5万円

なし

なし

 

なお、上記の報酬のほかに、消費税・郵送費が必要となります。

 

事務手数料が追加される事務所もあります。

 

また、訴訟を起こされた場合は、訴訟着手金・訴訟成功報酬などが必要となります。

 

 

B事務所によっては、費用の支払いを分割払いにしてくれる所もあります。

 

 

(12)債務整理(任意整理)の手続の流れ

 

 

@まず、借金について、無料相談して下さい。

 

 

Aご依頼の手続き

・依頼されると、司法書士がアイフルに通知を出しますから、督促状は来なくなります。取り立ての電話も止まります。

 

 

B債務額の確定

・司法書士の事務所にアイフルから取引履歴が届き、債務額(元金)が確定します。

 

 

C返済の交渉

・司法書士が交渉して、分割払いの内容を合意します。

 

 

D和解書・合意書の作成

・分割払いの内容を記載した書面をアイフルと司法書士が取り交わします。

・この書類に口座番号も記載されます。

 

 

E分割払いの開始

・司法書士がご依頼者に和解書・合意書をお渡ししますので、ご依頼者は銀行振り込みで返済を開始します。

 

 

F分割払いが完了すれば完済となります。

 

 

(13)債務整理(任意整理)の期間

 

@任意整理の手続を開始すると、司法書士が依頼を受けてから約3カ月後に、司法書士事務所に取引履歴が届きます。

 

Aその後、約1カ月の間に司法書士が債権者と交渉します。

 

Bアイフルと合意した内容を記載した和解書・合意書を作成します。

 

C合計すると、依頼から4カ月から5カ月くらい経過すると、任意整理は完了します。

 

Dただし、ネット利用料金などをカード決済にしている場合は、依頼者が、カード決済を止める手続をしないと、いつまでたっても任意整理が終了しません。

 

 

(14)債務整理・任意整理の体験談

 

私は、数か月間、給料が減ってしまいました。

 

その期間は、アイフルのキャッシングの支払いができませんでした。

 

すると、アイフルから取り立ての電話がかかって来ました。

 

また、返済を督促する通知が届きました。

 

ようやく、給料が戻った頃には、取り立ての電話を無視し続けていたため、自分では、借金の対応ができない状態になっていました。

 

債務整理を相談できる弁護士・司法書士を探したところ、秀都司法書士事務所さんを知りました。

 

事務所に相談に行ったところ、司法書士さんから、すぐにアイフルに通知を送って、債務整理した方がいいと言われました。

 

そこで、カード、給料明細などをそろえて、司法書士さんに債務整理を依頼しました。

 

その結果、アドバイスどおり、借金を分割払いにしていただく事が出来ました。

 

このたびは、債務整理の手続ありがとうございました。

 

 

(15)債務整理の相談の流れ

 

 

@お問い合わせください。

「借金の相談をしたい。」旨をお伝えください。

相談に来られる日時の打ち合わせを行います。

 

 

A無料相談にご来所ください。

次のことをお聞きいたします。

 

・借金の金額

 

・いつ頃から借りているか

 

・滞納しているかどうか

 

・毎月いくらなら返済できるか

 

 

B司法書士事務所に持参していただきたい物は、次の章をご覧ください。

 

 

(16)債務整理の相談に司法書士事務所に持って行くものとは?

 

1 カード

2 利用明細(手元にない場合は不要です)

3 督促状(督促を受けている場合のみ)

4 給料明細

5 運転免許証(免許がない場合は、健康保険証)

6 印鑑

7 訴訟を起こされている場合は、裁判所から来た書類

 

 

(17)秀都司法書士事務所の紹介

 

@当事務所は、借金のご相談をいただいて債務整理を行って、5年以上支払いをしていない借金について、アイフルに対して時効の援用の手続きを行ってきました。

 

A当事務所は、滞納している方からの相談、裁判所に訴えられた方からの相談にも対応しています。

 

B借金を滞納して訴訟を起こされた場合は、裁判所が決めた期日に間に合うように訴訟に対応しないと差し押さえされるかもしれません。

 

 

Cアイフル借金の時効の援用の相談・依頼が多い地域

 

・東京都

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、北区

 

・千葉県

市川市、船橋市、浦安市、松戸市

 

 

 

秀都司法書士事務所へのご相談はこちら

(電話)03−6458−9570

(受付時間)9:00〜17:00

ご相談は、ご予約制です。

東京都江戸川区西小岩3丁目32番11−302号

(総武線小岩駅北口から徒歩3分)

 

 

(アイフルに時効援用する費用)

・普通郵便料金

84円〜

・内容証明郵便料金

440円〜700円

・書留郵便料金

435円

・配達証明料金

320円

・費用合計

1,279円〜1,539円

 

 

(アイフルに裁判上の時効の援用をする費用)

・督促異議申立書の郵送費

84円〜

・答弁書の郵送費

84円〜

・口頭弁論出頭の交通費

実費

・司法書士の訴訟代理報酬

55,000円〜

事務所により異なる

 

 

 

(アイフルに時効の援用)

 

5年放置した借金はアイフルに時効の援用

 

アイフルから、5年〜10年以上放置していた借金の請求書が届くことがあります。

 

アイフルから、20年放置した借金、30年放置した借金を請求されることもあります。

 

借金には消滅時効の制度があるので、昔借りた消費者金融の借金を放置していると、5年または10年の消滅時効期間が経過していることがあります。

 

時効期間は原則5年ですが、裁判所に訴えられたときは10年に延長されます。

 

アイフルに電話で連絡をする前に、督促状に記載された最終返済日から、5年以上経過しているか確認しましょう。

 

消滅時効期間内に、債務承認したことがなければ、消滅時効期間の経過後に、アイフルに対して、時効の援用をすれば、借金の支払義務が消滅します。

 

債務承認とは、支払猶予の申出、一部の弁済などです。

 

時効の援用の方法は、時効の援用通知を内容証明郵便で作成して、アイフルに送付して行います。


5年または10年の消滅時効期間が経過していても、時効の援用をしなければ、借金は消滅しません。

 

時効の援用をしないと、アイフルから、裁判上の請求をされて、判決・支払督促の確定後に、差し押さえ・強制執行をされる恐れがあります。

 

消滅時効期間が経過した後に、アイフルから、裁判所に訴えられたときは、裁判上で時効の援用をすることができます。

 

15年放置した借金、25年放置した借金など、昔のアイフルの借金を取り立てされたときは、アイフルから届いた通知書を見て、最終返済日から5年以上経過しているか確認しましょう。

 

アイフルへ、借金の時効の援用ができれば、借金の返済義務は消滅するので、時効の援用後は、借金を請求されなくなります。

 

アイフルと話し合いや、和解(示談)をして、支払う意思を伝えると、債務承認になり、借金の消滅時効が更新(リセット)されるので注意しましょう。

 

独身時代の借金、結婚前の借金など、5年以上放置している借金を、アイフルから請求されたときは、督促を放置せず、時効の援用ができるか、弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

消費者金融、サラ金の時効の援用

アイフルのような消費者金融からの借金は最後の返済日から5年経過すると、消滅時効になっているかもしれません。

時効の援用をすれば、借金は消滅するので、その後、借金を請求されません。

 

債権回収会社の時効の援用

アイフルのような消費者金融から債権回収会社へ債権譲渡されたとき、消費者金融へ最後に返済してから5年以上経過していれば、債権回収会社へ時効の援用をすれば、借金の消滅時効が成立します。

消滅時効が成立すれば、債権回収会社への返済は不要になります。

 

借金の時効、利息の時効、遅延損害金の時効の援用

5年以上前のアイフルの借金が時効になっているときは、借金の元金だけでなく、利息、遅延損害金も時効になっています。

アイフルへ時効の援用を通知すれば、借金の利息、遅延損害金も返済が不要になります。

 

裁判、答弁書で時効の援用

裁判所から、5年以上前のアイフルの借金の訴状、呼び出しが届いても、答弁書で時効の援用ができることがあります。

答弁書に時効援用を書いて裁判所に提出して、裁判で時効が認められれば、アイフルの借金の支払いは不要になります。

 

裁判所の支払督促で時効の援用

裁判所から、5年以上前のアイフルの借金の支払督促、仮執行宣言付支払督促が届いても、督促異議申立書で時効の援用ができることがあります。

督促異議申立書に時効の援用を書いて裁判所に提出して、裁判で時効が認められれば、アイフルの借金の取り立ては止まります。

 

時効の援用の費用

アイフルへ時効援用をする費用は、時効援用の郵送費などの実費と、専門家の料金です。

司法書士の時効の援用の費用が、借金の合計額よりも安いときは、司法書士に頼むメリットがあります。